-

拍手喝采!

 昨日は、新潟市のリュートピア(新潟市民芸術文化会館)のコンサートホールで、午後7時から開演の、三浦先生が出演されたサロンコンサートに行ってきました。
 前半は、演出家の鈴木敬介氏によるオペラ演出のレクチャーがあり、これはなかなか興味深いお話でしたが、昼間の仕事の疲れもあって時々船を漕いでしまいました。
 後半は、二期会のバス歌手の小鉄和広さんが、コーディネーターとして登場し、我が師匠三浦克次先生と二期会のソプラノ歌手嶋村友美さんによる楽しいコンサートという構成でした。
 ペルゴレージの「奥様女中」の二重唱「その目を見ればわかる」から始まったプログラムは、喜劇的なイタリアのオペラから名曲を集めたもので、まさに三浦克次の真骨頂が発揮されたすばらしいものでした。
 ドニゼッティ「愛の妙薬」のアリアや二重唱、ロッシーニ「チェネレントラ」のアリアなど、コンサートホールに美しくまた力強く響きわたる歌声はもちろんのこと、演技のすばらしさに私はもちろん聴衆をすっかり虜にしていました。
 三浦先生のお母様も喜んで会場を後にされていました。
 本当に夏の夜の楽しいコンサートありがとうございました。
 やっぱりプロは違うなあ。
藤村 修  

[戻る]

-

プリンタ用画面
友達に伝える

メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
サイト内検索
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが エッセイ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
Copyright (C) 2001-2016 Office P.A.M. all right reserved